言葉が鋭い人とチャクラの関係、、、ハートを使うこと。

こんにちわ~ヨガ&シータヒーリング®インストラクター 和枝です!

言葉が鋭い人って、周りにいませんか?

「言っていることはごもっともなのですが、ちょっときつくない??」

的な。

実は、私もそうでした(え?今も!?だとしたらごめんなさい!)

ボブ・フィックスさんの本に書かれていて(何の本だったか忘れちゃいましたが)

なるほど~と、思ったことがありました。

相手に何かを伝える時は、

ハートを使うこと

が、とても大切

sunset
Photo via VisualHunt.com

言葉が鋭い人は、第3の目(第6チャクラ)と喉のチャクラ(第5チャクラ)がとっても開いている!

第3の目で「真実」を見通して、喉のチャクラでちゅうちょなく見えたことをツラツラと伝える。

「見えてしまった」ものを「言わずにはいられない」方々なんですね。

『どうしてみんな、気付かないんだーーー!!!これは言わねば!!!』

と、きっと思っていることでしょう・・・。

ただストレートにありのままを伝えられてしまうと、言われた本人にとっては、心にグサーっと突き刺さったり、受け入れられない感じ。

そういう人って、たまにいませんか?

ハートを使って、相手を感じながら伝えることが大切なんですね。

シータヒーリングでも、創始者のヴァイアナさんは

「透視して見えたこと全て、ありのままにそのまま相手に伝えることが、いいヒーラーという訳ではありません。

いいヒーラーは相手に何を伝えるべきか分かっている。」

ということをおっしゃっていました。

相手を感じながら、思いやり、優しさを持って、時には厳しく・・・伝えること。

それがハートを使って、話す、ということだと思います。

シータヒーリングでは、ハートもたくさん使うので、セッションの後は、とても幸せな気持ちに包まれます

シータヒーリングでは、ハートの使い方も学べますよ

なごみヨガ ご提供メニュー  こちら 

お問い合せは  こちら

 

心理カウンセリング・セラピー


【無料】セッション&セミナー事前相談

  
心理カウンセリング・セラピー


【無料】セッション&セミナー事前相談

  
心・身体のこと
スポンサーリンク
フォローする
Kazue Sasaki Official Blog