朝日を浴びてデトックス。

最近の朝の日課は、朝日を5~10分ほど眺めることです。

P_20160121_065645

部屋の窓から、朝日がしっかり見えます。

朝の太陽の光を浴びながら、朝露のついた芝生を裸足で歩くと健康に良いということは、ニーマルヨガTT(ヨガティーチャートレーニング)で学びました。

TT生の頃は、芝生踏みも時々していましたが、今の家からは芝生が少し遠いし寒いので、せめて朝日だけでも家の中から眺めることにしました。

私は、以前「不食の人」に憧れていた時期がありました。

今は、憧れていませんが、食べずに生きていけるって、すごい開放感だと思うんですよね。

インドにいる不食の人は、太陽からエネルギーを取り入れているのだとか。

これは、NASAも認めた事実なのだそうです。

参考記事:太陽を食べる!不食者が実践した「サンゲイジング」とは

毎朝の日課といながら、恐らくまだ一週間くらいしか実践していませんが、鼻の通りがすこぶる良くなりました。

私は、朝、鼻の通りが悪いことが多くて、気になっていました・・・ヨガをしているのになぁって。

朝日を見ていると、鼻の通りが良くなるんですよね、これはとても面白いです。

それから、第3の目と言われる松果体のあたりがムズムズしてきます。

太陽の光で、”浄化”されている感、けっこうありますよ。

これが、”朝日”ではないと、この効果は感じないんですよね、不思議と。

太陽を、突然じーっと見すぎると目に悪いようなので、あまり見すぎないようにしていますが、朝日は目に優しいので、いつまでも見ていれそうな気がします。

同じ太陽でも、日によって光の放ち具合が違うんですよね。

しばらく続けてみて、また面白い変化があったら報告しますね~。

★皆様から頂いたヨガご感想はこちら。

★ラフターヨガ(笑いヨガ)ご感想はこちら。

綱島なごみヨガのご案内

■ヨガ教室 

■綱島ラフタークラブ(笑いヨガ)

■お問い合せ

■フェイスブック

■ツイッター 

心理カウンセリング・セラピー


【無料】セッション&セミナー事前相談

  
ヨガ教室@横浜・綱島地区センター
(日曜日or土曜日開催)
 
  
  
心理カウンセリング・セラピー


【無料】セッション&セミナー事前相談

  
ヨガ教室@横浜・綱島地区センター
(日曜日or土曜日開催)
 
  
  
暮らし
フォローする
Kazue Sasaki Official Blog

コメント