妹と家族について語り合ってみました–本当に記憶は700%ウソだった

最近、EFTにはまっている私。

子供の頃の記憶が、いろいろ蘇っていて、そのことについて妹といろいろ語り合ってみました。

参考記事:お母さん、お父さん、大好き・・・EFTで蘇る、純粋な気持ち

参考記事: EFTで感情解放月間 

面白いな~と、思ったのは、母親に関する、ある同じ記憶が私達にはあって、私の記憶では

「あの時、お母さん泣いてて辛そうだったよ。」

という記憶。

妹の記憶には、泣いた母親の記憶はなくて

「私はあの時、楽しかったけどな~。」

という かなり、楽観的なものだったということ。

「え!あれが楽しかったの!?」

と、私はかなりビックリしましたが・・・。

(漠然とした説明で分かりにくくてすみません。)

それから、妹は子供の頃は、父と母にたくさん可愛がられて育った記憶あるのだそうです。

私は、母親に可愛がられた記憶が、ほとんどなく・・・父親に関しては、父親の膝の上に座れる位の大きさの時には、可愛がってもらったような気がするのですが、ある程度大きくなってからは、全然、心が通い合ったという気がしていないんですよね。

以前、こちらにも書きましたが

愛はいつでもそこにある。

ぜ~んぜん、父親と会話した記憶がないんですよ。

でも、妹が言うには、

「お姉ちゃんは、みんなに『可愛い、可愛い』って言われてたよ~。

お父さんに顔が似ていて、顔立ちがハッキリしているからさ~。」

う~ん・・・そういえばそうだったような、あんまり記憶にないよ、私は。

心屋仁之助さんのブログで僕たちの記憶は700%ウソですしとか、勘違いとかを読んでいたけど、あまりピンと来ていませんでしたが・・・やっぱり私の記憶は700%ウソだったのか?

軽く衝撃を受けました。

あ、それから妹に

「お姉ちゃん、正面から写った写真は丸顔に見えるからやめた方がいいよ。」

とアドバイスを受けたのですが、私は、子供の頃から

「痩せているね~もっと太った方がいいよ。」

と散々大人に言われていて、痩せていることがコンプレックスでもありました。

大人になった今でも、丸顔に見られる事は、=(イコール)少し太って良かったね、という風にとらえるので、ちょっと嬉しい事なんですよ、程度にもよりますが。

妹はどちらかというと、顔がまん丸な感じでしたので、私とは感性が逆なんですね、きっと。

面白いですよね。

そんなこんなで、いろいろと新鮮だった、ある日の昼下がりなのでした。

心屋仁之助さんのブログ面白いですよ!
心が風になる

私が以前読んだ、心屋さんの本の感想
読書「一生お金に困らない生き方」

一生お金に困らない生き方(amazon)

★皆様から頂いたヨガご感想はこちら。

★ラフターヨガ(笑いヨガ)ご感想はこちら。

綱島なごみヨガのご案内

■ヨガ教室 

■綱島ラフタークラブ(笑いヨガ)

■お問い合せ

■フェイスブック

■ツイッター 

 

心理カウンセリング・セラピー


【無料】セッション&セミナー事前相談

  
ヨガ教室@横浜・綱島地区センター
(日曜日or土曜日開催)
 
  
  
心理カウンセリング・セラピー


【無料】セッション&セミナー事前相談

  
ヨガ教室@横浜・綱島地区センター
(日曜日or土曜日開催)
 
  
  
心・身体のこと
フォローする
Kazue Sasaki Official Blog

コメント