「ヨガでいつの間にやらあがり症・赤面症が改善されていました」

ヨガを続けていたら
いつの間にやら良くなっていました
シリーズ!

を、思いついたときに
書いていきたいと思います。

まずは、弟一弾。

「いつの間にやら
あがり症・赤面症が改善されました!」

私、すごいアガリ症の赤面症だったんです。

今でも人前に出るときは
だいぶ緊張しますが・・・
それでも以前に比べると
だいぶマシになりました。

なにせ
ラフターヨガ教室や
ヨガ教室を開催している訳ですから・・・!

以前の私からしますと、
本当に想像もつかないことです!

こんな私が以前
人前で話さなければならない
仕事を担当することになりまして、

あまりにも心配すぎて、
心療内科で薬を処方してもらったこともある程です・・・。

なんていう薬は忘れましたが
あまり効かないんですよね。
多少、感覚が鈍くなるような感じはありましたが。
おまじないとして、
とりあえず飲んでいました(笑)

本当にあの頃は辛かったなぁ。

仕事も残業続きで・・・。
ストレスフルな日々でした。

人前に出たときに
あがってしまうので、
赤面もしてしまいます。

「赤面してしまう」
と、思うと、
ますます緊張してしまいます。

マイナススパイラルです。

仕事の内容も変わり、
人前で話す事もあまりなくなり
あがったり、赤面するシーンに
出くわす機会がなくなった時は
ほっとしました。

そんな、ある日の事。
その時は、既にヨガを始めて1年ほど経っていたと思います。
突然、人前で話さなければならなくなったことがありまして
すごくドキドキしたのですが
その時は、
なんとか普通に話すことが出来たのです!

あの時は嬉しかったな~。
『普通の人間になれた!』
って思いました(笑)

そして、すぐに
「ヨガと瞑想のおかげだ!」
って思いました。

緊張したり、
ドキドキしている時って
頭に血がかなり上っているんですよね。
エネルギーが上に上がっている状態。

だけど、その時は
腹が据わっている状態
丹田にエネルギーが落ち着いている状態
地に足が付いている状態
グラウンディングできている状態
説明すると、そんな状態でした。

『なんか知らんけど、
ヨガと瞑想でいつの間にやら改善されていたよ~~~!
やっほ~~~!!!』

って、感じです(笑)

厳密に言えば、
プラーナヤーマ(ヨガの呼吸法)も
その頃、だいぶ練習していたので
その効果もあったと思います。

精神的な面には、
瞑想とプラーナヤーマが
とても効果が高いように感じています。

ヨガは本来の自分を取り戻すツール
だということを実感しました。

ヨガを通して、
自分の軸が太くなって、
「ぶれない自分」
を感じることができたのありました。

よかったな~(人´∀`).☆.。.:*・

こちらの記事もオススメです。

意識が外側に向いているとき、内側に向いているとき
ヨガクラスのときに、よく 「意識を内側に向けて・・・。」 と、言うことがあります。 意識が内側に向いているとき、外側に向いているとき、 それってどんな感じ? まず1点。 意識が内側に向くと、 自分に自信が持てる 意識...
心理カウンセリング・セラピー


シータヒーリング®セミナー


【無料】セッション&セミナー事前相談

  
  
  
  
心理カウンセリング・セラピー


シータヒーリング®セミナー


【無料】セッション&セミナー事前相談

  
  
  
  
暮らし
フォローする
心地よい私に目覚める

コメント