自分が感じていることに、いいも悪いもない

考え、感情、思い、私たちの内側からは、いろいろなものがあふれ出てくる。

溢れ出てくるものは、コントロールができない。自然に湧いてくるものだ。

その湧いてきたものに、思考がこう言う。

「こんなこと考えちゃいけない。」
「こんな考え間違ってる。」
「今、悲しむべきじゃない。」

などなど。

思考が押さえつける。

押さえつけることで、そこに不自然さが生まれてくる。苦しさが生まれる。

苦しみは、抑圧から生まれる。

上に書いた「~しちゃいけない」「間違ってる」等の思考も自然に湧いてくるもの。

思考は、今までの経験を通して湧いてくる。

自分でも気づかないうちに、いつの間にか出来上がっている信念体系、思い込みを通して湧いてくるもの。

でも、気づくことで変わってくる。

「こんなこと考えちゃいけない、、、って思ってるんだね。」
「こんな考え間違ってる、、、って私は思ってるんだ。」
「今、悲しむべきじゃない、、、って信じているんだね。」

そういう風に、気づかないうちは、ずっと自分の考えが真実であると信じ込んで生きている。

多くの場合苦しみを感じたときに、向き合いだす。

「この私の考えって、真実なのだろうか?」

自分に気付きだす。

本当の自分に気付くと、自分に優しくなれる。周りにも優しくなれる。

自分に気付く技術は、持っておくとかなり役立つ。

巷にはいろいろなテクニックがあふれていて、自分に合ったものがあるはず。

セッションを受けるもよし、学ぶもよし。

私は巡り巡って、OADセラピーに出会いました。

心理カウンセリング・セラピー


【無料】セッション&セミナー事前相談

  
心理カウンセリング・セラピー


【無料】セッション&セミナー事前相談

  
心・身体のこと
スポンサーリンク
フォローする
Kazue Sasaki Official Blog

コメント